ライフスタイルオンライン

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪~

熱中症もこれで解決!上手なエアコンのつかい方♪


f:id:marriedtothefuture:20180720191552p:image

ライフスタイルオンライン 日常担当・MICです!


最近は猛暑日が続いていますが、みなさん暑さに負けず、夏を満喫していますか??


僕も先日、キャンプに行ったりスポーツをしたりと夏を堪能しているのですが、気を付けないといけないのが熱中症


せっかくの楽しい夏も、熱中症になってしまっては台無しです。


そこで今回は、外出時の熱中症対策はもちろん、

家にいるときに快適に過ごすためのエアコンの裏ワザをご紹介します!

 

 


熱中症とは

f:id:marriedtothefuture:20180720191621p:image

そもそも熱中症とは、

・水分不足

・塩分不足

が原因によって引き起こされます。


人間は暑いと感じたときに、体の熱を外に出そうと汗をかきます。


汗をなめると少ししょっぱく感じますよね。

つまり汗にも塩分は含まれており、汗をかくと必然的に体の水分と塩分が失われることになります。


しかし汗をかくことは生理現象なので防ぎようがありません。


デトックスにもよいとされていますし、特にスポーツをしているときなどは暑さ対策をしている暇もありません。


汗をかいたら水分と塩分をこまめに摂取することを心がけましょう。

 

 


熱中症を防ぐには

f:id:marriedtothefuture:20180720191654p:image

外出時の熱中症対策

外に出ているときは、気温が高いだけでなく、日光の日差しが熱く感じるもの。


帽子をかぶったり日傘をさして日差しから体を守りましょう。


最近は、女性だけでなく男性も日傘をさしている人を見かけますし、男性も日傘をさしてみてはいかがでしょうか。

 

また、水分や塩分の摂取も必須です。


水分は、一度で大量の水分を取るのではなく、こまめに少量ずつ取るのがポイント。

こまめに取るほうが体に吸収されやすく、効果的に水分補給ができます。

つい一度にごくごく飲んじゃいたくなる気持ちも分かりますが笑


塩分は、塩あめなどをなめるとよいです。

普段の食生活で塩分を摂取していると言っても、汗をかくときは常に塩分を消費しています。

水分と同様に、こまめに取るのがポイントです。

 

特に一番よいとされるのは、市販のスポーツドリンクです。

水分と塩分を同時に得ることができるため、夏場には欠かせない必須アイテムですね。

 

 

室内にいるときはエアコンをつかおう

熱中症は室内にいても十分になりえる可能性はあるため、熱中症も防ぎ、快適に過ごすためにもエアコンは積極的につかっていってよいと思っています。


とはいえ、電気代や環境問題などから、エアコンをつかうのをためらうこともあるかと思います。


そこで、節約にもなる、夏場でつかえるエアコンの裏ワザをお伝えします!


それはシンプルにこれだけです。

 

湿度を下げる


簡単にいうと、ジメッと熱いより、カラッと熱いほうが体感温度は下がるんです!


湿度を下げるためには、

換気をする

炭を置く

エアコンの除湿機能をつかう

などが挙げられます。


つまり、

除湿をしてからエアコンをつける

ことがもっとも効果的なんです。


湿度が高くて26℃の設定と、湿度が低くて28℃の設定で同じ体感温度であれば、後者のほうが電気代も節約できてオトクですね。


エアコンの上手なつかい方を知っていれば、夜は寝苦しさ対策にもなり、一石二鳥です!


ちなみに僕の家にはエアコンの除湿機能がないため、BBQで余った炭を置き、家についたらまず窓を開けて換気をしてからエアコンをつけるようにしています。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。


熱中症を防ぐためにはこまめな水分と塩分の摂取が必要なこと。

エアコンは除湿をしてからつかうほうがオトクということ。


これらは熱中症はもちろん、エアコンの電気代がかかることや寝苦しさなども解決できるので、ぜひ実践してみこの夏を快適に過ごしてはいかがでしょうか?

 

 

 

【こちらの記事を読んだ方には、こんな記事もオススメ】

 

www.life-style-online.com

 

www.life-style-online.com

 

www.life-style-online.com