ライフスタイルオンライン

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪~

【引退目前!!】安室奈美恵の25年間☆

f:id:marriedtothefuture:20180630191236p:image

※筆者撮影

ライフスタイルオンライン日常担当・pichiです!


安室奈美恵さんが今年2018年9月16日をもって引退されます。


ファッションリーダーとしても活躍し、

数々のミリオンセラーを生み出した日本一の歌姫です。


アーティストとしての強い意思や美意識、ストイックな姿、かっこいい生き方に今まで励まされてきた方はたくさんいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は安室奈美恵さんの今までのエピソードを振り返りながら、彼女がトップスターにかけあがるまでに大切にしてきたことについて書いていきます☆

 

 

 

安室奈美恵とは??】  

f:id:marriedtothefuture:20180630191259p:image

※筆者撮影

安室奈美恵さんは沖縄県出身の日本の女性歌手、ダンサーです。


2017年9月16日、デビュー25周年を迎えました。

しかし、直後の同年9月20日に、翌2018年9月16日をもって芸能界を引退することを発表しました。


一本芯の通った強い女性というイメージが強く、その圧倒的なカリスマ性は今でも老若男女問わず幅広い世代のファンを魅了し続けており、一般人だけでなく芸能人のなかにもたくさんのファンがいます。


毎年開催されているライブのチケットは即完売され、非常に入手困難なため、プラチナ化となっています。


特に有名なできごとといえば1996年に流行語となった「アムラー」と言われる言葉です。

これは安室奈美恵さんに憧れる女性達がファションやヘアスタイルを真似たもので、社会現象にまでなりました。

 

 

 

安室奈美恵さんが大事にしてきたこと♪】

f:id:marriedtothefuture:20180630191410p:image

※筆者撮影

ここからは、安室奈美恵さんのエピソードを交えながら、彼女が仕事をするうえで大事にしてきたことを紹介していきます。

 


①常に自分にとっての挑戦を続ける

「毎年のツアーは前回よりさらに進化したものになるよう、工夫しながら挑んできたつもりです。」

と話されています。

 


②失敗から学ぶ

「ライブのあとは完璧にできたと思えることはあまりなかった。毎回パーフェクトな結果を出せていたら自分も進化しない。常に課題があってそれをどうクリアするのかのほうが大事だと思うので。苦しいですよ。でも、お客さんが喜んでくれる姿や終わったあとの達成感にはかえられなかったんです。」

と話されています。


また、

「25年という芸能生活の中で、なんども壁にぶつかり歌手としての安室奈美恵が分からなくなった日もあった。経験することは一番の未来につながること。そこでしか学べないことは多いので、どの時間も決して無駄ではなかった。

と話されています。

 

 

③何事にも全力で取り組む

安室奈美恵さんは、音楽にしてもダンスにしても、自分がやると決めたことは対しては一切手を抜かずに、常に最高の状態でパフォーマンスができるように努力をし続けています。


「アーティストで忙しいから」というような理由で子育てに妥協することなく、息子さんも大切に育ててきています。

 

 

④数字を大事にする

「ソロになった頃から、数字はよくも悪くも、いつも出さなきゃいけないという気持ちでやってきました。それが一緒にお仕事をしていただいている方たちに対しても恩返しになると思うので。だけど、結果をだせたときほどその次が大切になってくる。『やった!』と喜ぶより先に、いつもこの次、また新たな結果に結びつけていくことを考えていた感じです。

と話されています。

 

 

⑤人に相談する

「人に相談することも大事なんですよね。

生きていくうえで1人や2人、自分をさらけ出せる人を持つことって絶対的に必要。

20代後半で、人に悩みを聞いてもらったり頼ったりすることができるようになってから、少しずつ肩の荷が下りて気楽に解決方法が浮かぶようになりました。

恥ずかしくても自分以外の目線でアドバイスをもらうと『え?こんな考え方や方法があったの?』って驚いたり。

つらさは一緒でも確実に前に進むことができるから、ひとりであれこれ気持ちをめぐらせるよりずっといいんです。

と話されています。

 

 

⑥どんなときも楽しむ

最後に、安室奈美恵さんがとても大切にされていることについてです。


「楽しまなきゃっていう気持ちをもって28〜29歳くらいを過ごしていたら、つらいことも息苦しくなくなったんです。

一生懸命考えて考えて取り組んでも、いい作品が必ずできるわけじゃない。

ただそこに楽しむことを加えたら、いい作品も生まれるし、生み出すつらさも意外に楽しくなったのかもって今は思えます。

これは30代以降にもっとも生きた20代の経験でしたね。キツイからやめようと決断することは、私にとっていちばん簡単なこと。

”今逃げたら悔しいからどうにか乗り越えてやる!”みたいな性格だからかもしれません。

でも最大級につらいことだって乗り越えれば、この先また新たな壁にぶつかったとき、その経験がきっと役立って踏ん張れるはず。

と話されています。

 

 

 

【まとめ】

安室奈美恵さんがトップアーティストとして多くの人を魅了するまでには、


厳しい現実、そして自分と向き合いながら、

いつも全力で挑戦し自分自身を進化させてきた努力があったからこそです。


安室奈美恵さんはプロとして母として精いっぱい生きているからこそ、眩しいほどに輝き、多くの人を魅了しているのでしょう。


わたし自身も自分の考えをいつも大事にし、

まわりに惑わされずいつもわたしらしく前に進んでいきます。

 

 

 

【こちらの記事を読んだ方には、こんな記事もオススメ】

 

www.entertainment.life-style-online.com

www.love.life-style-online.com

www.entertainment.life-style-online.com