【45年目の再ブレイク!!】大人のラムネ【実はスゴイ】

先日、隣に座っていた友人♂(32歳)のカバンから

大量のラムネ菓子がのぞいておりまして。

『ど、どうしてそんなにラムネ持ってるの????』と気になって詳しく聞いて見ると、

今、大人の間でブームになっている』らしいです。

 

ご存じでした?森永のラムネがアツいんです!!

 

 

■森永製菓 ラムネとは

f:id:marriedtothefuture:20180409190646p:plain

引用元:http://www.morinaga.co.jp/products/products_images/l/PRD2009-08-0326_100014_00_1487666896_58aaad50eaa3d.png
  • 1973年発売(45歳!)
  • 本物のラムネ瓶をイメージした、半透明の青緑のパッケージ
  • 飽きのこないほどよい甘さ
  • 小粒なので食べたい時に食べたい分だけ取り出せる(遠足のお菓子の定番!)
  • 駄菓子屋さんコーナーに必ずいる
  • 実はシリーズがたくさんいる(公式ホームページでは2018年4月現在、上記のラムネとラムネ<メロンソーダ&シャリ玉>、大粒ラムネの3種類が掲載されています。Amazon楽天ではラムネ<ストロベリー>やラムネ<ミックスフルーツソーダ味>などが箱買いできます。大人になってよかった)

 

■なぜ今ブームなのか!?

2015年に週刊少年サンデー(小学館)に連載中の『だがしかし』でも取り上げられ、

じわじわとSNSで拡散されているようです。

f:id:marriedtothefuture:20180409194218j:plain

引用元:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51hzq0rfL4L._AC_US200_.jpg

2017年からラムネのパッケージに謳われている、

ブドウ糖90%』がキーワードです。

なんでも、

・二日酔いの時に食べるとスッキリする

・眠気を解消する

・集中力が上がる

低価格で携帯しやすい

というのがヒットしている理由のようです。

実際、私の友人♂(32歳)はカバンの中に5個も携帯しておりました

1日の消費量は聞きそびれましたが、

おいしくてすぐに食べきってしまうことができる量なので、

1個では心もとない気持ちはすごくわかります。

 

 

■駄菓子とあなどるなかれ!企業ともコラボ

 発売元の森永製菓も働き盛りの人たち向けに力を入れ始めたようです。

特にここ最近で注目を集めているのは眼鏡ブランドの『JINS』とのコラボではないでしょうか。

2017年12月に『JINS』の『Think Lab』と呼ばれる、人の集中状態に必要な要素が組み込まれた会員制ワークスペースが開設されました。

一人ひとりの『集中』に必要なモノ提供するというコンセプトの中に駄菓子のラムネが名を連ねているのですから、『駄菓子なんて食べて子供っぽい』

なんて小馬鹿にされる時代はすでに終わっていたようです。

森永ラムネが「集中」をコンセプトとした 最新ワークスペース『Think Lab※1』で提供開始 | 2017年 | ニュースリリース | 森永製菓

 

 

■これからはデキル大人の証!

社会人や学生の間でウワサは広まり、大阪、東京、神戸にある会員制有料自習室「おとな自習室」では2018年2月から森永ラムネの無償配布がスタートしたそうです。

平昌五輪ではカーリング男子選手が食べていたことでも注目を集め、2018年3月には新商品の大粒ラムネ』(粒がなんと1.5倍!!)も発売されました。

デキル大人の証として、これからもブームは続きそうです!