ライフスタイルオンライン

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪~

【女の子の心を一撃!!】オシャレなひな祭りのご馳走

3月3日は女の子のお祭りひな祭りですね!今年は休日ということもあって、しっかりと準備されるご家庭も多いのではないでしょうか?

 

「こんなかわいいごはんを食べるの勿体ない!!」

思わずそんな言葉を言ってしまうような可愛くてお洒落なちらし寿司をご紹介していきます。


○ひな祭りの主役は、やっぱりお寿司!

テーブルがぱっと華やかになる、ムード満点のちらし寿司。具材さえ用意すればあとは混ぜたり乗せたりするだけなので、パーティー当日の準備が楽ちんです。形や彩りを自由自在に変化できるのも、魅力です。

 

・豪華!ケーキ風ちらし寿司
型に「酢飯→具材→酢飯→飾り」のように詰めていけば、デコレーションケーキ風ちらし寿司のできあがりです!

f:id:opportunitys:20180301210153j:image

画像:http://pecolly.jp/user/photos_detail/1658966

 

・かわいい!ロールケーキちらし寿司
ひとくちサイズで、ほんとにお菓子のようで可愛いです。桜でんぶや卵などを使って、色違いに仕上げるとより見映えがします。

 

・おしゃれ!カップ寿司
切り分けるのが面倒ならカップに詰めてもカワイイです。食べやすいのもおすすめの理由で、たくさん作ってカップを並べれば、花束ができあがります。

 

・コロコロ!手まり寿司
酢飯を丸く握ってネタと一緒にラップできゅっと丸めるから簡単で誰でも作れます。色んなネタでカラフルに作ればテーブルが華やぎます。子供も握りやすいので、親子で料理するご家庭にはぴったりです。

f:id:opportunitys:20180301205719j:image

画像:http://www.recipe-blog.jp/profile/77008/blog/13117833

 

・鮮やか!茶巾寿司
とっても豪華な茶巾寿司は、ひな祭りにぴったりです。五目ご飯を薄焼き卵でくるみ、みつばでゆるめに結んだら、海老やいくらを飾って美しく仕上げましょう。お内裏様・お雛様風に仕上げることもできます。

 

・くるくる!巻き寿司
巻くのがむずかしい、具材を揃えるのが面倒と、敬遠しがちな巻き寿司ですが、基本さえ押さえればパーティーの花形にもなってくれます。

 

〇おかずも欠かせない!

・おすいもの
酢飯に合うお吸い物は、ハマグリがお薦めです。優しい味をゆっくりと味わう食事もたまにはいいのではないでしょうか。

 

・お茶漬けなどに使う細かな”ぶぶあられ”を衣に使った「海老のあらげ揚げ」や、大人におすすめの「桜のチーズはんぺん」や「板わさ」でついついお酒もすすんでしまいます。

f:id:opportunitys:20180301205941j:image

画像:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1130000777/

 

〇最後はケーキ!

元々、ひな祭りには菱餅や雛あられが食べられていました。今ではケーキを頂くことが主流となっていますが、具体的にいつから始まったのかは明確ではありません。

ケーキがひな祭りに登場した経緯としては、ハロウィンやバレンタイン等々、メーカーの商売ということで「ひな祭りにケーキ」が定番になりました。

子どもに「ひな祭りに食べたいものは?」と尋ねると、「ケーキ」と答える子供が7割近くいるそうです。親の方としても子供が喜ぶものをチョイスしますよね。その結果「ひな祭りケーキ」が定着してきました。子供に選ばれやすいキャラクターものやデコレーションに凝ったケーキが多くなっていますね。

華やかなひな祭りメニューは作るのも楽しくなってしまいます。見てキレイ&食べて美味しいから、みんなで楽しめる、そんな素敵な時間にしましょう。

 

〇おまけ

私事ではありますが、3月3日は私の父の誕生日でもあります。

この際、1番可愛いケーキをプレゼントしようかな♡(笑)

 f:id:opportunitys:20180301210132j:image

画像:http://kanae-kobayashi.seesaa.net/article/434524397.html