ライフスタイルオンライン

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪~

カッコイイ女性達!!の実話を元にした映画【実話】

休日どう過ごされてますか〜〜?(*^▽^*)
まだまだ寒い季節です。
休日の寒い日はコタツに入ってお菓子にあったかい飲み物で映画鑑賞はいかがでしょうか〜〜?

今日は、オススメの実話の映画を紹介します〜♬
2017年9月に日本で上映されました。
TSUTAYAから2月21日にレンタル開始になります!!
私は映画館で観ましたがとてもオススメです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

1作品目【ドリーム】
1960年代NASAで活躍していた黒人女性スタッフ達の功績を描いた伝記ドラマです。
全米での興行収入は2週間連続で首位・11週連続でトップ10入り。
アカデミー賞で作品賞・脚色賞・助演女優賞の3部門受賞しています。


主人公、キャサリンのモデルである「キャサリン・G・ジョンソン」さんは現在99歳でご健全です。2015年に合衆国最高の名誉とされる大統領自由勲章を受けています。

ーーーあらすじーーー
1960年代、アメリカで初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの頭脳として尽力した女性達が描かれています。
この時代、人を乗せてロケットを飛ばすための複雑で膨大な計画を全て人力でしており、特に優秀だった実在の女性計算手3人にスポットを当てた映画です。

エンジンの推進力から着水地点の計算など全てを導き出す!!
まさに人コンピュータ!
計算手の中でも特に優秀だった「キャサリン」は、ハリソン部長に能力を認められ宇宙特別研究本部へ出向し活躍します。私生活でも結婚をします。現在、ラングレー研究所にはキャサリンの名をつけたビルがあるそうです。

リーダー格で後にNASA初のプログラマーとなる「ドロシー」は、導入されたばかりのIBNコンピューターのプログラミングを独学で学び、責任者の地位を勝ち取りました。助演女優賞の演技も素敵です。あんな上司がいたら素敵です。

エンジニアを目指す「メアリー」は、エンジニアを目指すために白人の大学でアドバンスコースを受けなければならなくなり、前例がないとの理由で入学を断られます。その後裁判を起こし勝ち取ります。最後に裁判官に伝える一言があるのですが、その言葉がとても胸に刺さります。


明るく・面白く・カッコイイ!!
差別の壁を自分の能力で壊していく姿は本当にスカッとします!!!
また、サウンドトラックや60年代のカラフルなファッションにも注目です。

ぜひ一度観て欲しいです♬


これからもいろんなオススメ実話を紹介できればと思っています〜〜♬